So-net無料ブログ作成
検索選択
妊娠初期 ブログトップ

妊娠初期~中期の困り事 [妊娠初期]

つわりは さほど無かったものの やはり困った症状は色々とあるもの…

ポピュラーなとこでは まず ひどい花粉症!

さらに夜間頻尿も重なり 夜はほぼ寝れない時期がありました

休日 寝る前にくしゃみをしたら 

旦那「Mink 今日だけで くしゃみ61回してたよ」と言われて ダブルでびっくりしたり…

我が旦那ながら 暇すぎる…(笑)


次に 肌荒れ

美容院でトリートメントしただけで 頭皮に多数の湿疹ができて かゆかゆ

特に夜は 枕とこすれるのか 頭をボリボリかきむしったり…

鼻水垂れ流して ときに頭をかきむしり

寝れないから 枕を交換しよう とか

ベットの寝る位置を左右交換しよう とか提案してきてうざかっただろうな。。
旦那よ 妊婦の気まぐれに付き合ってくれて ありがとう


初期すぎて美容師さんにも 妊娠中だと伝えてなかったので カラーリングをすすめられたけど ホント断ってよかった

もちろん 体全体も 普段から かゆかゆ

クリーム塗っても かゆかゆは 退散しません

やはり 便秘もあり…

最後に マイナーなところで

新幹線でトンネルに入った時のような 耳の閉塞感が突発的にするようになり


さらに 寝る前だけ なぜか自分の鼓動が聴こえるように…

最初は 隣りの旦那の心臓音と思ってしまい
うるさくて 眠れないとか 言ってしまったけど…

一人で昼寝した時にも 急に鼓動が聞こえてきたので

な~る 自分の鼓動だったのね!!と

花粉症については 薬が飲めないので 甜茶を煮だして日常的に飲んだら 二日目ぐらいから 少し軽くなりました

あと たまたま広告が目に入り カルピス社のアレルケア というL92乳酸菌入りの 噛むタイプのタブレットサプリを取り寄せたら 3日後くらいからさらに症状が軽くなり 夜もようやく眠れるようになり 助かりました

※カルピス社としては 妊婦の服用は推奨していませんが 原材料を確認した上で くしゃみを一日に数十回する苦痛と安全が確立されていない事とを 天秤にかけた上で minkの自己判断での服用です

ちなみに原材料は「麦芽糖、でんぷん、乳酸菌、植物油脂」


便秘は 産院で下剤を処方してもらい すんなり解決


耳は たまに妊婦がなる症状らしく ネットで調べても対策法は無いという事しかわかりませんでしたが 

夢クリ先輩ブログに 深くお辞儀をしてから ゆっくり 体を起こすと治るという記事があり 試したら 確かに 治りました!

かゆかゆについては マザークラスで ビタミン不足と衣類の洗剤残りも関係してるときいてから サプリと果物の積極的摂取 そして すすぎに注意しはじめたら 軽くなりました

まあ これは春になったので 湿度や気温も関係ありそうですが


そんなこんなで 今日から ようやく安定期に入りました!!

本当に 春がきたなあ♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

マザークラス前期 妊娠前に知りたい情報ばかり [妊娠初期]

先日 産院でマザークラス前期を受講してきました

内容は主に 下記の三点です

①栄養士さんから 妊娠中の食事や栄養についての説明

②院長から 安産の為に母親がやるべき事 他注意点

③助産師さんから 検診の内容や とこちゃんベルトについて

なかでも 院長の話は トータル二時間という白熱教室さながらの内容でした

なぜ そんなに血圧に注意しなくてはならないのか

なぜ 血糖値が高くなると 転院なのか

なぜ 当院は体重管理に厳しいのか

検診では 何を見ているのか

厳しいようですが 本当に赤ちゃんとお母さんの事を考えているからだ という事がわかり この産院が地域で人気ナンバーワンなのは 料理が美味しいだけじゃないんだな と実感しました

特に 「妊娠は 生活習慣病の負荷試験だ」 というフレーズが心にのこりました

歳をとると 人間だれしも臓器の働きが弱りますが 妊娠というのは 一時的に 高齢状態になるようなもので

例えば 妊娠中に糖尿病の初期状態になったとしたら その人は 特に対策をとらなければ 将来糖尿病になる可能性が高いそうです 

また「お腹の赤ちゃんは自分の付属物ではなく 全く別の人間」というフレーズにも 反省しました

自分は平気だからという感覚は捨て 赤ちゃんに負担をかけない生活を心掛ける

要は 朝御飯をきちんととる 便秘に注意する 早寝早起する など難しくはないけれど ついついやってしまいがちな事は やめようという事

仕事をしている人や 上の子がいる人は 特につい頑張りすぎてしまう傾向があるので 注意が必要だという事でした

最後になりましたが 超音波検診について…

最近よく NTの厚さをみて欲しいと言われるが これを正確に測れる人は日本中でも かなり限られた人だけで、この埼玉県では 多分一人しかいない。

普通の産婦人科医が見ているポイントは 産まれてすぐに一人で生きていける赤ちゃんかどうか だそうです。

NICUがある病院で産まないとリスクがある子かどうか 判断するのが一番重要 との事でした。

例えば 心室が4つあるかなど だそうです。

ふむふむ なんだか もやもやしていた 超音波検診について説明を受けて 納得!

そして すぐ診察予約をとり 妊娠中でも飲める下剤を処方してもらいました

安産目指して 真面目に生活します!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

六本木 丸茂LC [妊娠初期]

つい先日の 12W5D 
初期胎児スクリーニングにいってきました

先に結論を述べると 「本当に行ってよかったなあ」という大満足の一日に


午後は3時から診察開始
 
その一番手というのもあって 
待合室には誰もいなくて 
こんなの久々だわ~と リラックス

新しいクリニックだから
待合室はとっても綺麗で明るい雰囲気

問診票を記入して すぐに診察室に呼ばれました

丸茂先生は TV通りで ニコニコしていて
フレンドリー 

とっても話しやすいドクターでした

長い産婦人科受診歴の中で

こんなにリラックスして ニコニコしてる先生とお話したのは はじめてです!!

ますば 普段どこの産院で診察しているか?
現時点で 特に心配な点があるか?などの確認

問診票に記載欄がなかったので 
ここで 今回の妊娠は顕微授精である事

高齢妊娠であること

それ以外には今のところ
指摘されている懸念事項はないと説明をしました

先生 「この前回の妊娠は 体外受精?」
MINK 「自然妊娠だったんです」
先生 「結婚6年目に突然? すごいね 割と最近だしね。 体外受精する必要あったの?」
MINK 「その後が 全然で・・・。 そもそも年齢の事もあったし 男性不妊ってのもあったんです」
などと ざっくばらんに 色々お話してから 診察台へ

経腹エコーは人生初

どこまで お腹を出したらよいのか いまいちわからなかったのですが

看護士さんが下腹中心でもうちょっと下げられますか?とフォローしてくれました

10日ぶりの診察

さらに大きくなった赤ちゃんが画面にうつります


まずは 頭の大きさと CRL 心拍音を確認します
心音を初めて聞いて 感動!!

その後 NTの厚さの確認や体内の血流、心臓の動きを確認
胃の断面層などを見て 左右の腕、足、指の数の確認を行いました
背骨もすでにしっかりできていて びっくり!

小さいけど この時期には もうちゃんと人の形なんだ

赤ちゃんは ちょうど眠っているところ

顔の前で腕を組んで じーっとしていて

先生が ちょっとお腹をゆすると 
赤ちゃんがゆらゆらして 
びっくりして?手足をバタバタさせている様子が
見え とっても愛おしく感じました[黒ハート]
(その後 耳をかいたりした後に また寝てしまいました 残念…)

最初の問診票に 性別が判れば知りたいと記載しておいたので
まだよくわからない時期だけど 

まあ どちらかといえば 男の子かなあと言われました


MINK「5日目の早い時間の胚盤胞だったので 男の子かな~って思っていたんですが」
先生「そんな話があるの?都市伝説じゃなくて?夢クリの先生にいわれた?」
MINK「夢クリでは言われてませんけど、統計的に7割が男の子らしいので(※両角先生のブログより)  あと以前通っていたクリニックの先生も 男子は細胞分裂のスピードが早めだと言っていたんで そうなのかなと」
先生「へー」

そんな雑談をしながら 終始和やかに診察してもらいました

最後にROMではないのですが 3Dエコーの画像を 12枚ほどいただき クリニックを後にしました
(※ROMは4Dエコー外来だともらえるそうです)

同じタワー内の インドネシア料理店で ナシゴレンランチを食べながら
旦那さんにもらったばかりのエコーの画像を送りました

「なんかこれ 超リアルだね すごい」と驚きつつ

これを見て 仕事を頑張る気が湧いたようです(笑)


その後 表参道で行われた クロエのファミリーSALEに立ち寄り 

中期くらいまでのマタニティでもいけそうな ちょっと大き目サイズのスカートを半額以下で発見し 購入

さらに その近くにある 8年前に結婚指輪を買ったブランドの路面店で 新作指輪や以前からほしかったシリーズを見せてもらったり

この指輪は2色の金属が継ぎ目なく合わさって グラデーションをなす 本当に美しい指輪なのです

旦那さんのグレーゴールドの指輪 + 私のゴールドの指輪

この2本の融合をあらわす まさに ・・・ な指輪

ああ 手に入るといいなあ

ってな事で 


久々の遠出の外出と買い物に なんだか気分も晴れ 

春らしく いい一日


これからのマタニティ生活が 
少し安心してすごせそうな気が ようやくしてきました
  

助産師さんとの面談 クワトロテストについて考えた事 [妊娠初期]

助産師さんとの面談を8Wに行いました

まずは マザークラスや無痛分娩の説明会の予約の話 

安定期には 産院内で開催している 骨盤プログラム「マタニティインスパイリング」などに参加できるといった 楽しげな説明を最初に受け

最後に クワトロテストの説明

mink:「年齢的に 受けた方がいいのかと思っているんですけど」 と話したら

急に 助産師さんの表情が曇り

「実は 決しておすすめしているわけではないんです この検査 確定診断でもないし わかるのはあくまで確率だけです」
「結果が良くなかったときにどうするか、先生と話し合った人しか受けられません」

夫婦でよく話し合ったうえで どうしても受けたいという事ならば、14Wまでに必ず先生の診察予約をとって先生からの説明を受けてください」と言われ

それ以上 何も言えないまま 面談は終了


結果が問題なければ 安心できる面はあるけども 結果次第では さらに不安が増すことも考えられ 難しい・・・


診察室を出て 待合室に戻り ふと周りを見渡すと あたり前だけれど 夢クリとは違い20代の若い子がやはり多いかも?

金髪にちかい茶髪でつけまバッチリ
今は真冬だけど ミニスカートにピンヒール
もちろん それは少数だけど…

面談の時に PCの電子カルテがちらっと見えて 私の後にくる患者さんの年齢は
21才、25才、27才、23才 だった

21才の時 私 何していたんだっけ???

あ 大学3年の終わりは 戦後最悪の超氷河期で 必死で就活してたんだったなーー 
妊活も自分なりに頑張ったけど、就活も相当頑張ってたよなーと 遠い目になってしまいました

顕微授精で 高齢妊娠の私とは あきらかに属性が違うかな・・・

ここで 今更 孤独感を感じるとは


帰宅後 早速情報収集をすると 同じ産院の先輩の書き込みを発見

「クワトロテストを受けたいと話したら 先生にすごい剣幕で 結果が悪かったらどうするんですか あなた?と詰めよられ 印象を悪くしたくないのもあって 受けるのをやめました」
 

私なりによく考えた結論

①まず この産院では クワトロテストは受けない
②どこかで受けても 年齢的に不安になる確率の結果がでる可能性が高くて 不安になるかも
③それなら 胎児ドックで じっくり胎児を見てもらう方が安心できるのではないか?

というものでした


そこでまた 胎児ドック等を行っている都内の有名なクリニックのHP等を吟味した結果

遺伝カウンセリングとセットで 5万~7万円のところが多く 予約も取りにくい模様


そんな中 TVで拝見したことのある丸茂先生のクリニックで 初期胎児スクリーニング32400円というを発見[目]

早速電話してみると 初期のスクリーニングは12Wが一番よいという事で 3月中旬の予約がすんなり取れました。

ちなみにクワトロテストは25000円なので 料金もさほど変わりません。


数ヵ月前 夢クリからの帰宅中に 自宅付近で20代の若いお母さんが ヨチヨチ歩きの赤ちゃんと歩いているのを 見かけた事がありました 

その時は まだ 妊娠していない時期でしたが
うらやましいとか まぶしいわー という感情が 自分で逆にびっくりするくらい 3%くらいしかなく

97%は 

20代は 仕事して、資格取って、友達と旅行して、大好きなお酒をワイワイ飲みまくって、結婚と同時に家も建てて 本当に充実していたなー その経験が今の自分を作っていて

その一方 あの頃は発展途上で すぐ感情的になったり 家事もあまり得意じゃなかったし 色々な面で
未熟な人間だったな・・・

そんな自分も好きだった気もするけど 子育てをするには まだ早かったかな?

仕事にしろ 不妊治療にしろ 世の中 すべて自分の思うようにはならない事が多い事を 十分に学び

治療を通じて 忍耐や旦那さんと協力する大切さ 目標に向けて努力する楽しさも 沢山味わって
ほんの少しだけど 成長できたと思える

若いお母さんたちに年齢的な引け目を感じても

今更タイムマシンで 戻れるわけでもないし

今後は 一切やめようと思ったのでした



産院にて 血糖値に難あり!?糖負荷テスト [妊娠初期]

夢クリ卒業前の2月中旬に、初期にやるべき検査があるからと
8Wに再来院するようにいわれ、はじめて母子手帳をもって診察に行きました。

助産師さんの説明もあるので 予約時間より早めに来院。
ひたすら待つ事2時間弱・・・

食べつわりの私は12時半すぎには お腹が減って気持ち悪くなってきてしまい

採血も5本分はあるとふんでいたので 気分が悪くなるかも?思い院内の自販機で普段は飲まないりんごジュースのミニパックを買って飲みました。

これがあとで 大変な事態を招くとも知らず[喫茶店][ふらふら]

ジュースを飲んで元気いっぱい[グッド(上向き矢印)]

その10分後に ようやく診察室に呼ばれ 診察と採血・・・。
ここでも 夢クリでの検査結果を持参したのが裏目に出て 

「あなたΓーGTP高いね?ふつうやらないけどこれも追加検査します」といわれ1本追加・・・・

HIV とか肝炎の検査が省略できればと思って持参したのに・・・ とほほ(ちなみに省略できないそうです)


結果がでたころに 夢クリの紹介状を持参して3回目の診察にいくと

妊娠して以来 お酒はもちろん一滴も飲んでないのに 

なんと ΓーGTPが下がるどころか微妙に上がってる[がく~(落胆した顔)]
(どのくらい 下がるかと 楽しみにしてたのに)

「あと 血糖値 106って基準オーバーなんだけど 検査の前に なにか食べた?」
「そういえば 採血直前にジュース飲みました[がく~(落胆した顔)] 今まで糖代謝の値では 一度も検査で引っかかった事はないですけど・・・」

「まあとにかく 基準オーバーしてると 検査しないわけにいかないのでね 3日後に75g糖負荷テストで」

[ふらふら]

というわけで その3日後の朝は 何も食べずに 朝9時に受付

まず採血→ここで 負荷分の 炭酸入りの甘い水を飲む(意外とおいしくてよかった)

60分後 再び 採血

60分後 再再 採血

結果2週間後との事でした。

大丈夫とは思うけど
これでひっかかったら 大学病院に転院です。。。 

今後 検査前のジュースや ごはんには 気を付けようと固く胸に誓ったのでした[パンチ]


産院の予約 [妊娠初期]

追試を言い渡され ちょっと不安でもあるけど

うかうかしていると 人気のある産院だと予約取れないかもなあと ふと思いました。


自宅からほど近い 旦那さんが生まれた産院は無痛分娩もあり、食事もおいしいと評判で
遠くから通ってくるほど人気の産院なので HPを早速見てみると・・・

BT日から勝手に算出した 私の出産予定日の週の予約はすでに始まっており
残りわずかという文字が!!

あわてて電話して聞いてみると その時期はまだ大丈夫そうだけど 埋まるときは本当に
すぐ埋まっちゃうので 近いうちに診察受けた方がいいとの事

夢クリでは卒業まで 他院の診察は禁止されているけど・・・・
翌日の予約をとって 診察をうけてきました。

7w3dに産院 初受診

CRL 17.66mm
週数相当で順調です といわれ
近いうちに 母子手帳も取りに行くように 指示されました!!

はー よかった 夢クリでは追試だけど 他のクリニックでは普通と判断されてる!!

体外受精なので 予定日も私の申告通りでいいという話になり
無事に 分娩予約をとって帰宅。

旦那に報告すると
まさか かってにそんな事してるとは思わなかったけど 赤ちゃんが大きくなってるのも
判ったし、予約もとれてよかったと喜んでました。


ちなみに 後日助産師さんから説明を受けたときに 無痛分娩についてよく聞いたら

①BMIの範囲が決まっていて 太りすぎたら通常分娩
②基本平日の計画分娩だから それ以前の日だったり 麻酔医がいない時に破水しちゃうと通常分娩
③分娩日決定の時に 胎児推定体重が2500g以上ないと通常分娩

最終的に無痛分娩できるのは 当初希望者の7割程度との事でした

まだ迷っているけど 不妊治療で何度も痛い検査などに耐えてきたことや
高齢出産だし、産後の回復も早いという無痛分娩がいいなあと今のところ思っています

次回診察は8w中にとの事で 
8w0dは 夢クリ 追試
8w4dは 産院2回目検診、血液検査
9w0dは 夢クリ 卒業検診

と忙しくなってしまいました 

つわりがあまりないからいいけども

つわりがひどかったうえに 仕事を続けていたら きつかっただろうな…


妊娠初期 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。