So-net無料ブログ作成
検索選択

産院での楽しみは食事 [出産]

産院での 唯一のリラックスタイムは

お食事の時間!!

一日三食と 手作りのおやつ そして 
夜間授乳時のお夜食のパンが配給されました

一食約700カロリーに設定され

朝に 一日の献立のカードが配られるのですが

そのうちの一日の夕飯は お楽しみ箱膳と題し 蓋を開けるまで 何か秘密 なんて 気遣いもあり 

二人目も ここで御世話になりたいな~って思いました


キャラメルカスタードソースに イチゴソースがアクセント!
15-10-01-15-04-40-425_photo.jpg

箱膳をあけたら カニクリームグラタンを発見してテンションアップ!
15-10-01-18-00-34-485_photo.jpg

手作りプリン 器もかわいくてワクワクしました
15-10-02-15-05-08-739_photo.jpg

15-10-02-15-23-27-660_photo.jpg


洋食の日 鴨のロースト 柔らかくて美味でした
15-10-02-12-07-48-164_photo.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

無事に出産しました 3 [出産]

昨夜の睡眠不足と ごはんを食べていない事で

午後3時頃からは 半分寝ていたのか 意識が朦朧としていたのか あまり 記憶がありません…

陣痛促進剤の 投与可能最大量を入れながら ひたすら陣痛に耐えつづけ

そして午後4時すぎに 

「子宮口が全開になったわよ」と言われ いよいよ陣痛室から分娩室に移動する事になりました

最終コーナーが見えてきた?

死にそうな顔で歩いていく私を 廊下で心配そうに見ている旦那

後から旦那も入室

歩く事で お産が進むそうな


しかし ここで助産師さんが 私の体力が限界に近く このままでは いきめないと判断

「少し休みましょう 御主人 院内の自販機でジュース買ってきてあげて」

買ってきたのは よりによって オレンジジュース 

飲んだものの 口が臭くなり 酸味により次第に吐き気をもよおす始末

リンゴジュースって言ったのに… ざけんなっ

そんな様子をみて 助産師さんが 赤ちゃんにあげる糖水を冷やして もってきてくれたのでそれを飲んだら
少し落ち着き

いよいよ 最終のいきみタイムに

横向きに寝ていると だんだん腰が痛くなり 旦那がさすっているうちに

さすって欲しい場所が だんだん下がってきて 肛門付近になり

なんか うんちがでそう…

それを伝えると いよいよ 仰向けで足をふんばる体勢に入る

てか こんな かぶをぬくようなポーズは今まで一度もしたことないし

力が思うように入らない


と ここで 呼吸のしかたを指導され

大きく吸って 細く長く吐く時に 下腹に力をいれるように と…

ヨガの呼吸法だから 自分はできると思っていたけど

この状況では すごくむずかしい…

赤ちゃんが大きくて 肩がひっかかっているので とにかく自分で出さないとと はっぱをかけられ

さらにいきむも 全然ゴールは見えず…


そのうちに一人の助産師さんが お腹の上に乗り

さらに 他の助産師さんも 二人加勢してくれる事になり

なんと タオルをお腹の横に渡し 左右から二人がかりでぶら下がるようにして 何とか下腹に圧をかけるを繰返しているうち

ついに オレンジジュースを 吐きました 

も~ だから やだって


その後ドクターにより 部分麻酔してから 会陰切開

痛みはあまりないものの ジョキジョキ切られている感はしっかりありました!!

頭の中で これが 中学生時代に聞いて恐怖を覚えた 切開ってやつか… と ぼんやり考える自分

そうこうして数回いきんでいるうちに 赤ちゃんの頭が 見えてきたわよ!もう少し!

と 鏡で見せてもらいました

ああ 本当にあと少しなんだと実感できたので

残りの力で 毎回目の後ろに星が散るほどの
全力でいきむ事 8回目に

ぬるっと滑り出した感覚があり

赤ちゃんがようやくでてきました


午後五時半すぎの事


オギャーオギャーと泣く声が聞こえてきて

無事に産まれてくれてよかったなあ と感謝する気持ちと

苦しみから開放されたのとで ほっとして涙がこぼれました

もちろん感動はしたけれど 

体力が限界で 深い感情が湧いてこなかったのが 予想と違った点


※深い感情は 後日 母子同室になった時に はじめて湧いてきて 大泣きしました



赤ちゃんを胸の上に乗せてもらい 写真をとってから

バースプランに書いたとうり 旦那にへその緒を切ってもらい 胎盤をみせてもらいました

胎盤 でかっ 

赤ちゃんは 結局3600gオーバーでした

初産で我ながらよく産めたなあ… 




ちなみに 分娩室で助産師さんに お腹を触られた時に

「何かしらこれ? 赤ちゃんの足の位置が変じゃない?」と ちょっとした騒ぎになり かわるがわる助産師さん達が さわりにきて


最終的に「もしかして あなた 子宮筋腫ある?」
と聞かれました 

「あります 二個…」 

一件落着

妊娠中お腹を触る時に たまに ぐりぐりしてたとこは 子宮筋腫だったのか 妊娠後半は存在を忘れていたけど

なにも不都合がなくてよかった… 


私のお産は ベテラン助産師5人ががりの いわゆる難産で

多分他の産院なら カイザーになっていたレベル

私の柔軟性が高く 予想より骨盤がかなり広く開いたのでカイザーは回避されたようです

そして この日の夜…

急に手足に力が入らなくなってしまい 立つ事すらできなくなり

ナースコールして導尿してもらうはめになりました

翌朝には 治ったものの

体が動かなくなるなんて話は 聞いた事すらなくて 

不安な一夜でした


赤ちゃん産むって 本当に一大事です

海外みたいに 翌日退院なんて絶対に無理!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

無事に出産しました 2 [出産]

ここでお昼の時間になり 付き添いの旦那は 外で食べてくると一旦外出

産院のごはんは オイシイと評判なので 楽しみにしていたら…

「帝王切開の可能性あるんだから やめましょう」と婦長の見解で 陣痛室に配膳されたランチが 下げられてしまう…

結局戻ってきた旦那が 二食たべるはめになり 

さらには おやつも旦那が食べる事になり

もっといったら 夕飯も さすがに出産直後の私は 

たべられそうになく 結局旦那が食べたので

ただ食べに来た感 半端ないという展開になりました



ひたすら陣痛に耐えていると

1時間に1センチづつ開いてくると目安を伝えられました

助産師さんが内診しつつ 産道マッサージをしてくれ

順調に開いてきたとのことで ひと安心

帝王切開は 回避できるのかなと ようやく光が見えてきたのが

午後2時すぎの事でした


ながいので また 次回に続く


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

無事に出産しました 1 [出産]

結局 十五夜もスーパームーンも スルーしてしまい

陣痛は こず

我ながら 女子力低いな~ やれやれ


結局 帝王切開の可能性ありのまま 
計画誘発分娩になりました

前日の午後4時に 入院

一人で荷物を持って 自宅から歩いて行きました

汗だくで車で産院に乗りつけるという予想と違すぎる…


おいしい 夕飯を食べ

gbs点滴して 9時に消灯

緊張なのか 点滴の器具の痛みなのか

全然 寝つけない…

さらに 四人部屋の為 深夜の赤ちゃんの泣き声と 
ママ達のイビキにより 全く寝れない


私が泣きたいよ~

なんで耳栓を買わなかったんだろ

結局 計画分娩なのに 1時間も寝れないまま 
大仕事をするはめになりました

翌朝6時から 誘発を開始

まずは NSTをつけながら

飲み薬を1時間に1錠づつ… 

しかし3錠のんでも

全く変化はなく 

点滴に切り替えられたのが 9時でした

点滴の量を増やしても やはり陣痛はこず…


助産師さんが 内診した時に 指で破膜させて ようやく破水

これが 11時の事でした

子宮口は まだ変わらず3センチのまま

ここから 点滴をさらに増やしていくと

ようやく陣痛が起こり 15分間隔くらいに


子宮口は ここで ようやく5センチまでひらいたと言われました 



ながいので 次回に続きます


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。