So-net無料ブログ作成
検索選択
不妊治療 ブログトップ
前の10件 | -

丸一年 [不妊治療]

ちょうど一年前には

クリニックで 二回目の採卵をしていました


その時の小さな受精卵が

今や4000グラムオーバーの 立派な赤ちゃんとなり

自宅ですやすや眠ったり その途中に突然大泣きした後におならだけして また寝たり たまにわらったり びっくりさせると 目を見開いたりしているなんて 

本当に いまだに不思議な感じです


先日 夢クリニックから 凍結卵の保管延長手続きについての封筒が届き

昨年の 自分の頑張りを思い出しました


深夜の頻繁な授乳やオムツ替など 老体には大変な事も沢山ありますが

それ以上に 受けとるものが 多くて

毎日が充実しています

大変だったし 貯金も減ったけど やはり頑張ってよかった!!



今 不妊治療をしている人 

一年後には 自宅で赤ちゃんを抱いてるイメージを明確に持ちながら 頑張ってほしいです

引き寄せの法則 使ってください

( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

妊活中のメンタル [不妊治療]

妊活中 精神的に一番キツかったピーク

それは 仕事での電車移動中に突然訪れました

人生初の 人工受精を行ってから 五日後

PCOには 禁忌とも思われるHCGを打たれ OHSSによりお腹がパンパンに膨れ上がっていた状況で

歩き回るのも苦しいけれど 仕事も繁忙期で 休める状況ではないので 必死で遠隔地をまわっていた日でした

ようやくタスクを終え 四人がけのボックスシートの窓際の席に座り ほっとしてお腹をさすりながら 会社に戻る時でした

お昼時でガラガラの電車でしたが 停車するたびに乗客がどんどん乗ってきて 私の隣にも60歳ぐらいの女性が座り ついにBOX席は満席に

次の駅でもますます乗客が増え その中のひとり 女性がBOX席の隣に立ちました

しばらくすると 私の隣に座っているおばさんが 私の顔を覗きこんできて その後もずーっと私の顔を睨みつづけてくるのです 

訳がわからず おばさんを見ると おばさんが立っている女性を見るので 私も顔を上げてそちらをよく見てみると…


その女性は 推定7ヶ月の妊婦さんだったのです!!


妊婦さんに違いはないけど 具合が悪い訳でもなさそう ちなみにターミナル駅まであと10分ぐらい 
※私もそこで乗り換え予定

あー そっか

自分は席は譲りたくないけど あんた若いんだから譲りなさいよ まったく気が利かないんだからっ の

妖怪おせっかいババアのパターンね…[モバQ]

うっほー[あせあせ(飛び散る汗)]
やれやれ [バッド(下向き矢印)]

もし 直接そう言われたら 私は今日はとても具合が悪くて申し訳ないけど って説明できるけど…

てか 私だって 妊娠してるかもしれないけど 仕事で歩きまわって へとへと[ふらふら]

もし 妊婦さんに席を譲りたい気持ちがあるなら まずは自分では? そもそも 親切って他人に強要するものではないと思う

しかも貴女は通路側だけど 私は窓側だから 出にくいのよ

なんだか とても複雑な気持ちになり 

仕事で飛び回ってると こんな場面に出くわす事も この先もあるのかな?と思い

会社に戻って

できれば 今月いっぱいで会社を辞めたいのですが…と所長に話している自分の姿を妄想しつつ 10分間耐え電車を降りました

その後しばらくして 友達から
先の予定を聞かれて 実は今妊活中で 先の予定がまだわからないと返答したら

「そっか、不妊治療って大変なんでしょう? 頑張ってね」[←]ここまでは問題なし

「でもさ なんで今更 そんな事始める事にしたの?」

理由は 聞くまでもないとは思うけど…


彼女には すでに二人子供がいて 両方一回で妊娠したらしいので 私の状況はわからないとは思うし もしかしたら 私が仕事に熱中しているように見えていただけかもしれないけど…

ちょっと びっくりしてしまいました


さらに その翌週 法事で田舎の遠い親戚に会った際も

MINK妹の三人の子供達を見ながら

「MINKちゃんは 子供がいなくて ちょっと寂しい人生だわねえ…」

確かに今はいない けど  

まだそうと決まった訳では ありませんけど?

あー 本当にめんどくさい


そんな 短い期間に つぶてを3発くらい 

一年前のMINKは ついに資本を集中投下したり 就活以来の本気をだす事にしたのでした…


心ない事を不意にいわれたり

たまたま周囲から 一日に複数回 妊娠報告がきちゃったり

焦ったりする日もありますよね…


でも 自分は自分 

ヨガをやると 私は 体も心もスッキリしました

瞑想も おすすめです



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

「卵子探しています」を読んで [不妊治療]

これは 地元の図書館で見つけた フリージャーナリストの宮下洋一さんの新刊

小学館ノンフィクション大賞受賞作「産めない先進国 世界の不妊治療治療現場を行く」を改題して 2015年3月24日に初版 まさに発行されたばかりの本です

スペインをはじめに、フランス、日本、アメリカ、タイ、スウェーデンの生殖医療の現場への直接の取材と 各国の治療当事者である男女へのインタビューを行い 各国の見解や規制の違いなどをまとめた本で、かなりの読みごたえがありました

少し前ですが 日本では原則認められていない卵子提供により ある女性議員が高齢出産した事は 賛否含めて話題になりましたね…

とはいえ やはり日本人には あまり身近な話ではない印象でした


ところが!
冒頭から スペインに年間50人程度の日本人が卵子提供を求めている事実に まずびっくり

周辺国のイタリア、ドイツ、オーストリアでは卵子提供は禁止されている為 卵子提供を求めるカップルはまずスペインを訪れるぐらいなのだそう

スペインは 旅行した事あるけど まさかそういう国だったとは…

実に 卵子提供による体外受精の約七割が スペイン国外からの患者によるという まさに情熱卵子提供大国!
※もちろん卵子提供が有償だからこそ 

一方 先進国の中で高い出生率を誇っている フランスの現場はどうかというと… 43歳未満ならば 人工受精6回、体外受精4回までが完全保険治療となり無料  

これは 本当に羨ましい限り…
もし日本にこの制度があれば 私も気楽な気持ちで 若いうちに 受診したかも? 

原因は男女半々だからと 受診においては夫婦で来院が義務付けられているそうです

確かにそのとうりだ。。

また 逆に医療機関側においては 頑張ったところで一律の報酬なので 技術の進化が鈍る面は懸念されているという弊害

確かに 隣国のスペインで簡単に卵子提供が受けられる事は 技術革新にはマイナス要因かな…

また 日本では KLC、浅田LC、諏訪マタの各院長の治療スタンスと倫理観についてのインタビュー
 
この章は まさに身近な事なので 特に興味深く読ませて頂きました

中でも異端児とされている諏訪マタの根津院長の 患者の意志をできるだけ追及していくスタンスと 日産婦ガイドラインの方針の差については 私も色々と考えこんでしまいました

簡単に卵子提供に頼れないからこそ 世界一といわれる融解胚移植の技術が確立されていて 私もその恩恵を受ける事ができたわけですね…

そのあとはわりと有名なアメリカ、タイでの卵子や精子提供ビジネスと 着床前診断、男女産みわけ についての取材の章

優性思想ともとられかねない 技術の提供への疑問を投げかけ…

6カ国めは スウェーデン
「不妊治療は 夫婦ではなく産まれてくる子供にとってのベストであるべき」という基本概念に基づく 出自を知る権利についての法整備についての議論の章

ここまで 一気に読んでしまいました

最終章は ある日本人のインタビューでしめくくり

「不妊治療をはじめるのは簡単 辞めるのが一番つらい でも辞めてしまえば 不妊症ではなくなる」

確かに そのとうりだと思います

夫婦で最初から よく話しあって どこまでやるか いつまでやるかを ある程度決めて開始しても 辞めどきは本当に難しいんだろうなと 想像します

色々な考え方があって 様々な立場の人がいて 何が一番幸せなのかは 結局個人が決める事

後悔だけはしないように全力で取り組み 最終的に結果がどうあれ 夫婦、またはプラス子供が いかに幸せに生きていけるかが一番重要かなと私は考えます


私は 二年前に 当時58歳の母親を亡くしました

私の子供の顔を見るのを楽しみにしていてくれたし 多才な母が 孫に色々よい影響を与えてくれるだろうとあれこれ考えて 楽しみにしていました

突然で 全く心の準備もなく

目の前が真っ暗になり 友人達にもしばらくは母を亡くした事は話せないぐらいでした

もっと早く 妊娠していて その日にたまたま私が実家にいたら それは防げたのではないか?とか 本当に色々考えて苦しみました

今でも 時々考えてしまいます

また 命についても それまでとは 全く違う考え方をするようになりました

そんな経験の中で 姪達の明るさには本当に救われました

私は昔から 子供が大好きですが ますます子供が持つパワーは まわりに光をもたらすなあと 実感し 治療に関してさらに前向きになりました

最後に みなさんが 後悔しないように 真剣に治療に取り組んで 納得する結果が一日も早く出ることを 祈っています

 
タグ:卵子提供
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

妊活中の歯列矯正 [不妊治療]

上の前歯のねじれが 以前から気になっており いつか矯正はしたいなと思っていました

しかし 妊娠子育て中に矯正すると 毎月調整に通うのも大変だろうから 落ち着いたらかな?と思って あまり身近に感じませんでしたが…

しかし 今から2年ほど前に 妊活を中断する状況になったので「今しかない!」と 開始する事に

と 言っても 

健康な歯を何本も抜いて 3年かけて歯を動かす通常の全体歯列矯正ではなく あくまでもプチ矯正

歯は抜かず 前歯4本を少し削りながら歯を並べる 部分矯正というものです

費用も 全て込みで 32万ぐらい
ちなみに 全体矯正は 抜歯必須で 費用も100万近くします (*_*)


この方法なら ワイヤーで歯を大きく動かすのに4ヶ月
※個人差がありますが 軽いケースなら2ヶ月程度

その後 透明なマウスピースでの 微調整に5ヶ月

歯がキレイに並んだら 保定といって 同じく透明なマウスピースを食事どき以外は ひたすら装着すること一年

さらに その後一年 就寝時のみマウスピースをするという 3年がかりの構想です

保定中に妊娠する分には 問題ないだろうと思ってはじめました

ワイヤー初日から一週間は プリンやおかゆなどしか噛めないくらいの激痛です…

ワイヤーしていない奥歯も なぜか激痛

歯をカチンと噛み合わせたりしたら 悶絶

慣れてきてからも ブラケットが口の中で擦れて口内炎になったりして まあ大変でしたが…

前歯だけなので 歯磨き以外は思いのほか 楽に感じました 

しかし ワイヤーが取れてからのマウスピースは 上顎全体を締め付けるタイプなので 歯磨きだけは楽ですが それ以外がワイヤーより断然つらかったです

新しいマウスピースを装置して二日間は あまりのしめつけに頭痛がしたり あまりの痛さに仕事のスピードが半分ぐらいになったり 孫悟空になった気持ちでした

さらにマウスピースは はずすコツをつかむまでは 30分 鏡の前で格闘しながらになります

慣れてくれば 五秒ですが

あとは 毎日洗浄液につける必要もあり はずした時に入れる為の ケースを持ち歩いたり管理も大変です

さらに 毎月新しいマウスピース作成の為の歯形を取りにいくのですが つわり中だったら おえっとなって 苦しかっただろうなと思います

今回 私が妊娠したのは 夜だけの保定に移行してからなので 不自由もなく 本当にあの時はじめて よかったと大満足!!


ちなみに 二人目妊活中の同い年の友人も 上下の前歯の部分矯正をはじめたのですが ワイヤーがとれてからすぐに まさかの自然妊娠をしました
※強い薬で誘発しても 排卵しなくなり おやすみ中に矯正をはじめた経緯があり 本当に驚き

めでたい事でしたが 激しいつわりで 矯正一時中断の事態 かつ 歯磨きがあまりできなくなり 虫歯が複数箇所できてしまったそう…

結論 歯を動かす時期に 妊娠するのは大変!

歯並びを治して急に妊娠 って本当にあるんだなあと 思いました

実は私の前回の自然妊娠も この矯正中だったので…

因果関係は わかりませんが

治療やめたら 妊娠するケースも たまに聞くので
狙ってないとこが ポイント?

もしくは歯痛のストレスにより 一時的に身体変化が起こって 妊娠力が高まったのか?

ちなみに二人とも 部分矯正なので 噛み合わせ自体は かわっていませんが…

三十代半ばでも 歯は問題なく動いたし 歯茎のトラブルもありませんでした

迷ってる方は 増税前に是非!!

歯並びがよくなると 自然と自分の歯を大事にしようという気が高まり 歯磨きが苦痛でなくなるし

笑顔に自信がもてるようになり 私は写真を撮るときに口を開けて笑えるようになりました

芸能人も歯並びをキレイにすると CMのオファーが来るようになるとか なるほど…

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

妊活 RELIFE できたなら [不妊治療]

無料コミックアプリ COMICOの「Re LIFE」に 高校生の外見に戻って 高校時代を新しい環境でもう一度送るという 面白い漫画があります

読んでいるうちに もう一度昔に戻って 妊活するなら どうすべきか?と 考えてしまいました


まず頭に浮かんだのは 夫婦病院に行くのがとても遅くなってしまったという反省点

実際に検査を受けたのは 結婚後6年目

しかも 当初検査は私だけで 旦那の検査はさらに その半年以降後でした (結局メインの不妊原因は男性不妊・・・)

もっと若い時期に 男性不妊が判明していたら 色々と対策とれたのでは?

さらに よく思い返せば 自分が新婚の頃に働いていた職場に 不妊歴7年で 子宝鍼で妊娠した人がいたのに なぜ自分も真似しなかったんだろう?

→リライフ① 遅くとも 結婚2年目までに 一度病院で夫婦とも検査を行う 


次に 浮かんだのは 流産後の妊活について・・・

一度 自然妊娠したんだからと 漫然と自己流のタイミングを半年以上続けたという 反省点

ここで夫婦で漢方を飲んで積極的にホルモンバランスを整えたり さらに鍼灸に行くとか 排卵検査薬をきちんとつかってタイミングをきちんとはかっていれば うまくいっていたかも?


→リライフ② 流産後半年間の 生理周期が整っていた期間に 漢方などをプラスして人工授精をする


さらに詳しくいえば


→リライフ③ 人工授精時の排卵誘発をもっと 体に負担のない効果的な方法で行う


私の場合 HMG注射やHCG注射は 費用がかかったうえに 卵胞が育ちすぎて人工授精が中止になったり
結局排卵済みだったりして 無駄ばかりでした

高AMHの私の場合 フェマーラ5日+クロミッド半錠(もしくは四分の一錠)8日程度の服用で 充分に排卵誘発できたのでは?

しかも 排卵トリガーも副作用の大きいHCGではなく スプレキュアで!
あと 実施後は 念のため デュファストンで黄体補充

人工授精については 当時自分にあまり知識が無かったせいで 完全に医者のいいなりで 体質に合わない無駄な誘発を行って 副作用で体調を崩したり OHSSになったりと にがい思い出しかありません

まあ、そのおかげで夢クリを知ったわけですが


ちなみに 夢クリでの治療には 反省点はありません

自分も全力投球でのぞみ 医師も看護師も全力でそれをバックアップしてくれました

他のクリニックでは お正月に移植はできません

先日たまたま 長野県の某有名不妊治療のクリニックの月ごとの体外受精の実績数をHPでみましたが
1月の体外受精実施数は 当たりまえですが極端に少なかったです

夢クリに 大感謝!!
タグ:妊活反省点

夢クリ 費用総まとめ [不妊治療]

通い始めたころ 100万円以内で 結果がでればいいなと考えていました

一般的に 体外受精1回50万~(顕微授精は60万~)といわれています

35歳で移植1回あたりの 平均出産率が20%前後といわれているので 移植5回ぐらいが必要

単純計算ですが 約100万~150万かかる計算です

夢クリは成功報酬制なので それよりは ちょっと低い金額で妊娠できるかなと期待

あと (できれば) 2人目の分の凍結ができたら なおいいなと思っていました

顕微①回目
168,414円+保険適用4160円+旦那約13000円

顕微②回目
407,369円+保険適用3530円+成功報酬費324,000円

合計920,473円 (陽性判定後の診察代 及び 文書代等は含まず)
ここから助成金(予定)350,000円を引くと

実際の負担額 総合計 570473円

夢クリニック以外には 鍼灸代(4か月) 約100,000円
漢方代(半年) 約180,000円
サプリ代(1年) 約40,000円

OLCでの人工授精代(3回)、子宮鏡検査等 約200,000円 があります

最後になりますが 凍結卵2個があります


結果論ですが、1回目の採卵では全滅してショックを受けましたが
もし1回目で 1個の胚盤胞ができて妊娠した場合
この凍結卵は できなかったと思います

※(夢クリでは 成功報酬制の期間中 貯卵は認めていませんので 受精卵がある状態で 新たな採卵はできません)

私と同じように 1回目の自然周期で妊娠しない方は 少なくないとおもいます

視点をかえれば

移植までいかない場合 培養費用が少なくてむので 助成金の事を考えると
ほぼ自己負担額は無いようなもの! 

あまり 気をおとさずに 
次の回の採卵に期待して 前に進んで欲しいなと思います[晴れ]



不妊治療鍼灸のまとめ [不妊治療]

妊娠するまでの 4か月間 鍼灸院にかよいました!

個人差はあるかと思いますが、私は劇的に効果がでる体質だったので
こちらについても まとめたいと思います

実は 合計3か所で施術を受けました

1番目:浦和駅西口  中国人の元産婦人科医のベテラン女性の女性専用鍼灸院 (中医学)

2番目:上尾駅西口  (日本人)元臨床工学技士 30代の男性 美容鍼~不妊治療まで 
     幅広い知識と客層をもつイケメン先生(東洋医学) 女子多め

3番目:浦和駅東口 (日本人)元薬剤師 刺さない無痛鍼をうたう鍼灸院 (東洋医学)


①の鍼灸院の先生は 笑顔の素敵な美人ベテラン先生で 合計7回通院
 初診料5000円 施術6000円 → 結果として 胚盤胞3個 

あとで知った事ですが 中医学の鍼は 東洋医学の鍼より 深い位置に刺します

やはり たまに痛みを感じる事がありました・・・
下腹部に激痛を感じた事があり、ちょっと怖くなってしまい 虫歯になった時に 足が遠のいてしまいました。 
料金も 都内よりは安いのかもしれませんが 週2通うように言われた採卵前は 負担感が


②の鍼灸院の先生は 自分と同年代の男性で勉強熱心で 話しやすいタイプ 合計6回通院
 初診料2000円 施術4000円  →結果 移植周期排卵スムーズ、移植時内膜14mm 

まず すごくソフトなイケメン先生で 癒されました!
ここでは 自宅でのお灸の仕方も習い 家でも頑張りましたよ!

不妊治療の部位だけでなく 頭~肩~足先の全身に施術してくれるので わたしは肩こりまで軽減され しかも顔の肌までツルツルになり いいことだらけ

施術後の体の変化についてもじっくり耳をかたむけてくれ その人に より効果のでる施術を心掛けてくれます

また 勉強熱心で 遠いところで開催されている 不妊治療勉強会にもよく参加して 常にレベルアップをはかっているようで 信頼度が高まりました(※ 以前の移植時のブログに詳細を記載しています)

さらに 休日には鍼灸師という身分を伏せて 他の鍼灸院でも 自ら施術をうけて勉強しているそう
 
財布にも優しいところが さらに素晴らしい!!
今後 安定期にはいったら もちろん また通うつもりです

疳の虫に ベビー鍼灸が効くとか、男性不妊にも鍼灸が有効である事 等々 

色々なお話をして 私自身も知識が広がりました
鍼灸 奥が深すぎ[ひらめき]

③の鍼灸院は お正月の移植だったので ②の鍼灸院がお休みで スポット的に1回だけ 
料金  8000円 (休日割増含む 初診料など内訳不明)
  
無痛(刺さない)鍼って効き目があるの?と 不安だったのですが 大事な卵さんをおなかに抱えて
はじめての鍼灸院で激痛は嫌だなって思ったのが 予約したポイント

この先生は元薬剤師で、割りと知識をひけらかしたい?タイプで 問診票に流産1回と書いただけで… 

あなたは不育症かもしれないから 検査をした方がいい
と言い出した挙げ句

私の今までの鍼灸院の施術の効果についても 否定的に話してくる始末…

しかも 手がすごく冷たくて 大事な卵さんのいるお腹を 冷たい手でペタペタさわられ 全身に鳥肌が!
(ほかの先生は 他人のデリケートな場所に触るので 手の温度には相当気をつかって くださっていたので それだけで もう帰りたくなりました) 
 
さらに先生自身 風邪をひいていて 施術中に顔の近くでゴホゴホと咳をされ 来たことを本気で後悔しました[がく~(落胆した顔)]

施術はわずか 10分程度で終了
 
最後の着替え時に 床に鍼が落ちていたのを見て ますます不安になりました…
(通常 針を打った数と抜いた数は チェックするはずですし しかもここは刺さない無痛針なのに なぜ針が落ちている?)

施術後 感想をきかれ 「今のところ特に変化はないです・・・」と正直に感想をのべたら 

あきらかに むっとした顔をされ 目もあわさず冷たい対応をされました(笑)

もちろん私は 終始笑顔かつ 低姿勢でふるまっていたのですけど・・・。


というわけで おなじ鍼灸院と言っても 先生の個性がかなりあります!

信頼できて フィーリングのあう よい先生がみつかるまで 色々探すか 知り合いに紹介してもらうのがいいと思います

また 体を触られるので 先生の印象も結構大事だと思います ストレスになるやら やめましょう

あと 何回も通う事になるので 続けやすい無理のない料金である事も大事なポイント!


ちなみに 痛いのが苦手な人が 最初にいくのは やはり東洋医学の鍼灸院が おすすめです

夢クリニック 卒業検診 [不妊治療]

ついに 先日 卒業検診までこぎつけました
8時5分に 受付到着

この日は尿検査のみで 採血はなし! うれしいなあ


受付から1時間後くらいに内診待合へ呼び出しがかかります。

あいかわらずドキドキしながら 内診台にスタンバイします。
ああ、どうかこれが最後の内診になりますように!!
卒業検診は 院長のはずです。

画面に 先週より大きくなった赤ちゃんの姿が映ります

なんと!!

のんきに指をしゃぶってる[目]

と思った瞬間に 手を動かし また再度 指をしゃぶりはじめた!!

動いている様子は 今まで見たことがなかったので 
感動と同時に涙があふれてきました

最後に エコーで卵巣のチェック

なんと ペンライトのようなピカっと光るものを入れて 子宮の入り口チェック?がありました[パンチ]

これには、内診百戦錬磨の私も初の事態に びっくりです
熱も中に伝わってくるし。。。。

思わず体に力が入ってしまい 看護師さんに 「力ぬいてくださーい」と言われる始末

ちょっと びっくりするので 何かしらのアナウンスを入れたほうがいいのでは?
一体何をされるのかと 心配になりました

そしてここからは 噂どうり 長い待ち時間
11時すぎにようやく①番で呼ばれ

院長「はい、MINKさん サイズ33mm、心拍182bpm 問題なし 今日で紹介になりますな」
   「あなた 何かあったっけ?」

MINK 「子宮筋腫があるといわれてます」
院長「えー (画面で初診時からのエコーを確認する) ああ これね さほど問題ないレベルですな」

印刷した紙を 後方に取りに行く院長・・・・
紙には 移植した胚盤胞の画像が見えた他は 何が書かれていたのかよくみえませんでした。
何やら 下の欄に手書きで院長が記入して 以上[るんるん]

※お会計の時に 紹介状がいただけます

最後なので院長に「お世話になりました」と挨拶して退出しましたが、もう次の患者さんを
呼ぶ態勢にはいっており・・・ 最後まであいかわらず あっさりな院長でした(笑)

会計をすませると ああー ようやく卒業できたんだなと 実感
先輩ブログにある 凍結卵についての説明等は 現在行っていないようです


9月に 初診、初採卵、撃沈。

10月に 2回目採卵、はじめて胚盤胞まで到達

11月は 虫歯でお休み・・・。

12月に 移植周期にはいる

1月に移植、着床確認、心拍確認。

2月末 卒業!!

足かけ半年で 無事に卒業を迎える事ができました。

無事に出産できたら、残りの卵さんのお迎えにも来るつもりです。


5月にネットで「HCG 副作用」と検索してヒットしたのが 夢クリ卒業生のブログでした。
このブログを見なかったら 夢クリの存在も知らなかったと思います。

当初ブログをかくつもりはなかったのですが、私自身の備忘録を兼ねているのと
私の体験が だれかの参考になればいいなという たすきリレーのような気持ちでブログを始めました

このブログを見てくださった方に 一日でも早く 赤ちゃんが来てくれる事を切に願っています









 



 









夢クリニック 卒業前に ②周期目の採卵結果まとめ [不妊治療]

かなり時間が経過していますが 

②周期目の採卵状況及び 培養結果をまとめます

PCO もしくは 軽度PCO 高AMHの方の参考になれば幸いです


☆2014年10月下旬 2回目の採卵

MⅡ 4個
GV 17個

右 12リンス (MⅡ×3含む 刺した数が少な目で 楽に感じました)
 
左 27リンス (MⅡ×1 小卵胞が多く採卵途中で針が曲がった為 針取り替え・・・)

クロミッドのおかげで前回より 卵胞が少なかったのもあり 
過呼吸にはならずスムーズに終わりました

そのせいなのか

終わった後の点滴中 「これで最後の採卵だなあ これで私も立派なママだ!」という
イメージが急に心の中に湧いてきて 
どんだけプラス思考なんだ と 

自分につっこみを入れつつ 痛みが引くのを待っていました。

採卵自体はそんなに痛くないけど やはり採卵後の約30分は生理痛のような
重い鈍痛が続きます

でも 所詮生理痛レベルなので耐えられる範囲です[手(グー)]

しかし、点滴を抜きに来た看護師さんが なにかをしくじったらしく 「イッター!!!!」
と思わず言っちゃうほどの 人生最大級の猛激痛を味わいました。

このように普段の採血などのほうが よっぽど痛いので
夢クリの無麻酔採卵は誰でも 耐えられるものだと私は思っています。


そして培養結果(すべて顕微授精)

MⅡ 4個 → 3個受精 → 3個胚盤胞 (5日目2個、6日目1個)

前回全滅しているので 
成熟卵ってこれほど力が違うのねと 圧倒され[ダッシュ(走り出すさま)]


GV 17個 → 13個受精 → 9個分割開始 → 4個分割順調 →1個桑実胚→ 胚盤胞にならず

 
今回 移植した受精卵は 「100-120-1-19-3」でした

薬の力はもちろん、 鍼灸の力もかなりあったと思っています。
鍼灸というものを教えてくれた 夢クリ先輩ブログに本当に感謝しています[ハートたち(複数ハート)]

タグ:無麻酔採卵

夢クリニック BT37 [不妊治療]

やっと 落ち着いた気持ちで通院できました。

日曜日なので 電車も混雑していないし、旦那と一緒に久々の夢クリです。
旦那は もちろん3階で待つように指示  いつも混んでますからね・・

夢クリ 基準 :胎児サイズ14mm~16mm

本日の結果は
胎児サイズ14.1mm
心拍162bpm

うーん ギリギリ。

M内先生から 
「本当なら次はD51の卒業検診なんだけど ちょっと小さいのでまた来週来て下さい」と
追試を言い渡されてしまいました。

はあー やっぱり ちょっと小さ目みたいです

あと、子宮筋腫あるから 妊娠期間ずっと 安静気味にとも 言われました。



前の10件 | - 不妊治療 ブログトップ