So-net無料ブログ作成

妊活的 引き寄せの法則 [不妊治療]

妊活においても 引き寄せの法則 使ってました!

何も 難しくはありません

本気で信じ 行動をして 感謝する だけです

minkは 今回の妊娠の一年前にまず テーブルを購入!

独身時代から使っていた二人用のテーブルを 家族が増えないので 漫然と七年も使ってましたが…

既に家族が増えたという前提で 買い換えて家族で食事している場面を想像し 感謝していました!


さらに 赤ちゃんが産まれた友人や親戚への 出産祝いも率先して取り纏め役をかってでて 自分がもらっている気持ちでセレクト [←]楽しい

次に 生まれたての赤ちゃんも 見に行って だっこさせてもらい 自分の子供をだっこするイメージを強烈に体に叩き込んでから 夢クリニックに通いました

夢クリニック通院中は 目についたかわいい赤ちゃん用の肌着を購入し これを着ている我が子をイメージして 感謝!感謝!

全く難しくはないのです むしろワクワク幸せ気分を味わいながら 過ごすだけです

治療中は 精神的にも肉体的にも つらい時期があるかもしれません

でも 治療に取り組む事ができる 自分の境遇を感謝する気持ちがあると また違った感じ方もできるかも しれません

Minkは 結婚後数年 病院に行った方がいいんだろうな…とは思うものの 旦那が治療に関して消極的だった事もあり

何もできず どんどん年齢を重ねていきました

一方 Minkの後に結婚した友達は すぐに赤ちゃんを授かっていきます。。

ようやく旦那を説得し クリニックを初受診したものの 各種検査やタイミングを兼ねたフーナーテスト数回に約半年 

クリニックは予約しても 五時間待ち

次第に疲れ イライラが募っていました…


転院先の 夢クリでは むしろ自分が思っていた以上に治療がサクサクとすすんでいきました

まずは自分に合うクリニックを見つけられた事に 感謝

次に 夢クリに通える環境に 感謝










妊活 RELIFE できたなら [不妊治療]

無料コミックアプリ COMICOの「Re LIFE」に 高校生の外見に戻って 高校時代を新しい環境でもう一度送るという 面白い漫画があります

読んでいるうちに もう一度昔に戻って 妊活するなら どうすべきか?と 考えてしまいました


まず頭に浮かんだのは 夫婦で病院に行くのがとても遅くなってしまったという反省点

実際に検査を受けたのは 結婚後6年目

しかも 当初検査は私だけで 旦那の検査はさらに その半年以降後でした (結局メインの不妊原因は男性不妊・・・)

もっと若い時期に 男性不妊が判明していたら 色々と対策とれたのでは?

さらに よく思い返せば 自分が新婚の頃に働いていた職場に 不妊歴7年で 子宝鍼で妊娠した人がいたのに なぜ自分も真似しなかったんだろう?

→リライフ① 遅くとも 結婚2年目までに 一度病院で夫婦とも検査を行う 


次に 浮かんだのは 流産後の妊活について・・・

一度 自然妊娠したんだからと 漫然と自己流のタイミングを半年以上続けたという 反省点

ここで夫婦で漢方を飲んで積極的にホルモンバランスを整えたり さらに鍼灸に行くとか 排卵検査薬をきちんとつかってタイミングをきちんとはかっていれば うまくいっていたかも?


→リライフ② 流産後半年間の 生理周期が整っていた期間に 漢方などをプラスして人工授精をする


さらに詳しくいえば


→リライフ③ 人工授精時の排卵誘発をもっと 体に負担のない効果的な方法で行う


私の場合 HMG注射やHCG注射は 費用がかかったうえに 卵胞が育ちすぎて人工授精が中止になったり
結局排卵済みだったりして 無駄ばかりでした

高AMHの私の場合 フェマーラ5日+クロミッド半錠(もしくは四分の一錠)8日程度の服用で 充分に排卵誘発できたのでは?

しかも 排卵トリガーも副作用の大きいHCGではなく スプレキュアで!
あと 実施後は 念のため デュファストンで黄体補充

人工授精については 当時自分にあまり知識が無かったせいで 完全に医者のいいなりで 体質に合わない無駄な誘発を行って 副作用で体調を崩したり OHSSになったりと にがい思い出しかありません

まあ、そのおかげで夢クリを知ったわけですが


ちなみに 夢クリでの治療には 反省点はありません

自分も全力投球でのぞみ 医師も看護師も全力でそれをバックアップしてくれました

他のクリニックでは お正月に移植はできません

先日たまたま 長野県の某有名不妊治療のクリニックの月ごとの体外受精の実績数をHPでみましたが
1月の体外受精実施数は 当たりまえですが極端に少なかったです

夢クリに 大感謝!!
タグ:妊活反省点

夢クリ 費用総まとめ [不妊治療]

通い始めたころ 100万円以内で 結果がでればいいなと考えていました

一般的に 体外受精1回50万~(顕微授精は60万~)といわれています

35歳で移植1回あたりの 平均出産率が20%前後といわれているので 移植5回ぐらいが必要

単純計算ですが 約100万~150万かかる計算です

夢クリは成功報酬制なので それよりは ちょっと低い金額で妊娠できるかなと期待

あと (できれば) 2人目の分の凍結ができたら なおいいなと思っていました

顕微①回目
168,414円+保険適用4160円+旦那約13000円

顕微②回目
407,369円+保険適用3530円+成功報酬費324,000円

合計920,473円 (陽性判定後の診察代 及び 文書代等は含まず)
ここから助成金(予定)350,000円を引くと

実際の負担額 総合計 570473円

夢クリニック以外には 鍼灸代(4か月) 約100,000円
漢方代(半年) 約180,000円
サプリ代(1年) 約40,000円

OLCでの人工授精代(3回)、子宮鏡検査等 約200,000円 があります

最後になりますが 凍結卵2個があります


結果論ですが、1回目の採卵では全滅してショックを受けましたが
もし1回目で 1個の胚盤胞ができて妊娠した場合
この凍結卵は できなかったと思います

※(夢クリでは 成功報酬制の期間中 貯卵は認めていませんので 受精卵がある状態で 新たな採卵はできません)

私と同じように 1回目の自然周期で妊娠しない方は 少なくないとおもいます

視点をかえれば

移植までいかない場合 培養費用が少なくてむので 助成金の事を考えると
ほぼ自己負担額は無いようなもの! 

あまり 気をおとさずに 
次の回の採卵に期待して 前に進んで欲しいなと思います[晴れ]



六本木 丸茂LC [妊娠初期]

つい先日の 12W5D 
初期胎児スクリーニングにいってきました

先に結論を述べると 「本当に行ってよかったなあ」という大満足の一日に


午後は3時から診察開始
 
その一番手というのもあって 
待合室には誰もいなくて 
こんなの久々だわ~と リラックス

新しいクリニックだから
待合室はとっても綺麗で明るい雰囲気

問診票を記入して すぐに診察室に呼ばれました

丸茂先生は TV通りで ニコニコしていて
フレンドリー 

とっても話しやすいドクターでした

長い産婦人科受診歴の中で

こんなにリラックスして ニコニコしてる先生とお話したのは はじめてです!!

ますば 普段どこの産院で診察しているか?
現時点で 特に心配な点があるか?などの確認

問診票に記載欄がなかったので 
ここで 今回の妊娠は顕微授精である事

高齢妊娠であること

それ以外には今のところ
指摘されている懸念事項はないと説明をしました

先生 「この前回の妊娠は 体外受精?」
MINK 「自然妊娠だったんです」
先生 「結婚6年目に突然? すごいね 割と最近だしね。 体外受精する必要あったの?」
MINK 「その後が 全然で・・・。 そもそも年齢の事もあったし 男性不妊ってのもあったんです」
などと ざっくばらんに 色々お話してから 診察台へ

経腹エコーは人生初

どこまで お腹を出したらよいのか いまいちわからなかったのですが

看護士さんが下腹中心でもうちょっと下げられますか?とフォローしてくれました

10日ぶりの診察

さらに大きくなった赤ちゃんが画面にうつります


まずは 頭の大きさと CRL 心拍音を確認します
心音を初めて聞いて 感動!!

その後 NTの厚さの確認や体内の血流、心臓の動きを確認
胃の断面層などを見て 左右の腕、足、指の数の確認を行いました
背骨もすでにしっかりできていて びっくり!

小さいけど この時期には もうちゃんと人の形なんだ

赤ちゃんは ちょうど眠っているところ

顔の前で腕を組んで じーっとしていて

先生が ちょっとお腹をゆすると 
赤ちゃんがゆらゆらして 
びっくりして?手足をバタバタさせている様子が
見え とっても愛おしく感じました[黒ハート]
(その後 耳をかいたりした後に また寝てしまいました 残念…)

最初の問診票に 性別が判れば知りたいと記載しておいたので
まだよくわからない時期だけど 

まあ どちらかといえば 男の子かなあと言われました


MINK「5日目の早い時間の胚盤胞だったので 男の子かな~って思っていたんですが」
先生「そんな話があるの?都市伝説じゃなくて?夢クリの先生にいわれた?」
MINK「夢クリでは言われてませんけど、統計的に7割が男の子らしいので(※両角先生のブログより)  あと以前通っていたクリニックの先生も 男子は細胞分裂のスピードが早めだと言っていたんで そうなのかなと」
先生「へー」

そんな雑談をしながら 終始和やかに診察してもらいました

最後にROMではないのですが 3Dエコーの画像を 12枚ほどいただき クリニックを後にしました
(※ROMは4Dエコー外来だともらえるそうです)

同じタワー内のお店で 遅めのランチを食べながら
旦那さんにもらったばかりのエコーの画像を送りました

「なんかこれ 超リアルだね すごい」と驚き

どうやら 仕事を頑張る気が湧いたそうで


気が晴れたので 超久々に洋服を見に行き
中期くらいまでのマタニティでもいけそうな ちょっと大き目サイズのスカートを購入したり

さらに ウィンドウショッピングをして

久々の遠出の外出と買い物に なんだか気分も晴れて いい一日に


これからのマタニティ生活が 
少し安心してすごせそうな気が ようやくしてきたのでした

丸茂先生ありがとうございます

  

妊娠後 甲状腺機能検査  [甲状腺機能検査]

これは1月下旬の事

夢クリで 小さい 小さい と言われ続け なんだか不安になった私


そうだ!妊娠すると甲状腺ホルモンが変わる人いるから 念のため受診するように言われていたんだ・・・。
でも 伊藤病院 遠いし 今は寒いし 混んでるし つわり中だし 不要な外出は控えるように言われてたしなあ・・・

でも もしかしたら赤ちゃん小さいのって そのせいなのか?!

と不安の波にのまれ、地元の病院に甲状腺科と書いてあったのを思いだし
会社も有給消化中で暇だったので 早速病院に出かけました。

夢クリに慣れている私からすると  うふ こんなの超余裕だわ (笑)

待合室には 8人くらいしかいない 

しかし その後1時間半が経過しても よばれず

夢クリって 効率的で素晴らしいんだなー と思ったりしているうちに
やっと呼ばれました

以前の経緯と 今回妊娠したので甲状腺数値の検査を 改めてしたいと伝えると 

先生「じゃあこの後 採血して 結果は1週間後以降ね」

MINK 「は? 1週間後なんですか????」

先生「伊藤病院とか大きい病院じゃ当日だろうけど こういうクリニックじゃ よそで検査してだから」

MINK「赤ちゃんが心配だから来ていて 結構急いでるんですけど・・・ それなら 伊藤病院に明日でも行った方がよっぽど早いですよね」

先生「ああ、いやね 念のためそう言ってるだけで 早ければ3日後には結果でるから 電話してから来てよ」

MINK心の声 「最初から そういえばいいんじゃん」

その後 おとなしく 採血して帰宅


4日後 電話すると 結果でてるという事で また病院へいくと

今回も ほとんど人はいないのに 2時間弱またされたけど
結果は TSH 0.9と 以前よりさらに下がっていて 正常この上ないとの事 その他数値も問題なし

先生「とても 安定してますね」 との事で 

今処方されている「チラージン」は 妊娠中も問題ない薬だからという事で継続して飲む事

心配なら 妊娠中期ぐらいにまた来てくださいとの事で ほっとしたのでした

助産師さんとの面談 クワトロテストについて考えた事 [妊娠初期]

助産師さんとの面談を8Wに行いました

まずは マザークラスや無痛分娩の説明会の予約の話 

安定期には 産院内で開催している 骨盤プログラム「マタニティインスパイリング」などに参加できるといった 楽しげな説明を最初に受け

最後に クワトロテストの説明

mink:「年齢的に 受けた方がいいのかと思っているんですけど」 と話したら

急に 助産師さんの表情が曇り

「実は 決しておすすめしているわけではないんです この検査 確定診断でもないし わかるのはあくまで確率だけです」
「結果が良くなかったときにどうするか、先生と話し合った人しか受けられません」

「夫婦でよく話し合ったうえで どうしても受けたいという事ならば、14Wまでに必ず先生の診察予約をとって先生からの説明を受けてください」と言われ

それ以上 何も言えないまま 面談は終了


結果が問題なければ 安心できる面はあるけども 結果次第では さらに不安が増すことも考えられ 難しい・・・


診察室を出て 待合室に戻り ふと周りを見渡すと あたり前だけれど 夢クリとは違い20代の若い子がやはり多いかも?

金髪にちかい茶髪でつけまバッチリ
今は真冬だけど ミニスカートにピンヒール
もちろん それは少数だけど…

面談の時に PCの電子カルテがちらっと見えて 私の後にくる患者さんの年齢は
21才、25才、27才、23才 だった

21才の時 私 何していたんだっけ???

あ 大学3年の終わりは 戦後最悪の超氷河期で 必死で就活してたんだったなーー 
妊活も自分なりに頑張ったけど、就活も相当頑張ってたよなーと 遠い目になってしまいました

顕微授精で 高齢妊娠の私とは あきらかに属性が違うかな・・・

ここで 今更 孤独感を感じるとは


帰宅後 早速情報収集をすると 同じ産院の先輩の書き込みを発見

「クワトロテストを受けたいと話したら 先生にすごい剣幕で 結果が悪かったらどうするんですか あなた?と詰めよられ 印象を悪くしたくないのもあって 受けるのをやめました」
 

私なりによく考えた結論

①まず この産院では クワトロテストは受けない
②どこかで受けても 年齢的に不安になる確率の結果がでる可能性が高くて 不安になるかも
③それなら 胎児ドックで じっくり胎児を見てもらう方が安心できるのではないか?

というものでした


そこでまた 胎児ドック等を行っている都内の有名なクリニックのHP等を吟味した結果

遺伝カウンセリングとセットで 5万~7万円のところが多く 予約も取りにくい模様


そんな中 TVで拝見したことのある丸茂先生のクリニックで 初期胎児スクリーニング32400円というを発見[目]

早速電話してみると 初期のスクリーニングは12Wが一番よいという事で 3月中旬の予約がすんなり取れました。

ちなみにクワトロテストは25000円なので 料金もさほど変わりません。


数ヵ月前 夢クリからの帰宅中に 自宅付近で20代の若いお母さんが ヨチヨチ歩きの赤ちゃんと歩いているのを 見かけた事がありました 

その時は まだ 妊娠していない時期でしたが
うらやましいとか まぶしいわー という感情が 自分で逆にびっくりするくらい 3%くらいしかなく

97%は 

20代は 仕事して、資格取って、友達と旅行して、大好きなお酒をワイワイ飲みまくって、結婚と同時に家も建てて 本当に充実していたなー その経験が今の自分を作っていて

その一方 あの頃は発展途上で すぐ感情的になったり 家事もあまり得意じゃなかったし 色々な面で
未熟な人間だったな・・・

そんな自分も好きだった気もするけど 子育てをするには まだ早かったかな?

仕事にしろ 不妊治療にしろ 世の中 すべて自分の思うようにはならない事が多い事を 十分に学び

治療を通じて 忍耐や旦那さんと協力する大切さ 目標に向けて努力する楽しさも 沢山味わって
ほんの少しだけど 成長できたと思える

若いお母さんたちに年齢的な引け目を感じても

今更タイムマシンで 戻れるわけでもないし

今後は 一切やめようと思ったのでした



産院にて 血糖値に難あり!?糖負荷テスト [妊娠初期]

夢クリ卒業前の2月中旬に、初期にやるべき検査があるからと
8Wに再来院するようにいわれ、はじめて母子手帳をもって診察に行きました。

助産師さんの説明もあるので 予約時間より早めに来院。
ひたすら待つ事2時間弱・・・

食べつわりの私は12時半すぎには お腹が減って気持ち悪くなってきてしまい

採血も5本分はあるとふんでいたので 気分が悪くなるかも?思い院内の自販機で普段は飲まないりんごジュースのミニパックを買って飲みました。

これがあとで 大変な事態を招くとも知らず[喫茶店][ふらふら]

ジュースを飲んで元気いっぱい[グッド(上向き矢印)]

その10分後に ようやく診察室に呼ばれ 診察と採血・・・。
ここでも 夢クリでの検査結果を持参したのが裏目に出て 

「あなたΓーGTP高いね?ふつうやらないけどこれも追加検査します」といわれ1本追加・・・・

HIV とか肝炎の検査が省略できればと思って持参したのに・・・ とほほ(ちなみに省略できないそうです)


結果がでたころに 夢クリの紹介状を持参して3回目の診察にいくと

妊娠して以来 お酒はもちろん一滴も飲んでないのに 

なんと ΓーGTPが下がるどころか微妙に上がってる[がく~(落胆した顔)]
(どのくらい 下がるかと 楽しみにしてたのに)

「あと 血糖値 106って基準オーバーなんだけど 検査の前に なにか食べた?」
「そういえば 採血直前にジュース飲みました[がく~(落胆した顔)] 今まで糖代謝の値では 一度も検査で引っかかった事はないですけど・・・」

「まあとにかく 基準オーバーしてると 検査しないわけにいかないのでね 3日後に75g糖負荷テストで」

[ふらふら]

というわけで その3日後の朝は 何も食べずに 朝9時に受付

まず採血→ここで 負荷分の 炭酸入りの甘い水を飲む(意外とおいしくてよかった)

60分後 再び 採血

60分後 再再 採血

結果2週間後との事でした。

大丈夫とは思うけど
これでひっかかったら 大学病院に転院です。。。 

今後 検査前のジュースや ごはんには 気を付けようと固く胸に誓ったのでした[パンチ]


不妊治療鍼灸のまとめ [不妊治療]

妊娠するまでの 4か月間 鍼灸院にかよいました!

個人差はあるかと思いますが、私は劇的に効果がでる体質だったので
こちらについても まとめたいと思います

実は 合計3か所で施術を受けました

1番目:浦和駅西口  中国人の元産婦人科医のベテラン女性の女性専用鍼灸院 (中医学)

2番目:上尾駅西口  (日本人)元臨床工学技士 30代の男性 美容鍼~不妊治療まで 
     幅広い知識と客層をもつイケメン先生(東洋医学) 女子多め

3番目:浦和駅東口 (日本人)元薬剤師 刺さない無痛鍼をうたう鍼灸院 (東洋医学)


①の鍼灸院の先生は 笑顔の素敵な美人ベテラン先生で 合計7回通院
 初診料5000円 施術6000円 → 結果として 胚盤胞3個 

あとで知った事ですが 中医学の鍼は 東洋医学の鍼より 深い位置に刺します

やはり たまに痛みを感じる事がありました・・・
下腹部に激痛を感じた事があり、ちょっと怖くなってしまい 虫歯になった時に 足が遠のいてしまいました。 
料金も 都内よりは安いのかもしれませんが 週2通うように言われた採卵前は 負担感が


②の鍼灸院の先生は 自分と同年代の男性で勉強熱心で 話しやすいタイプ 合計6回通院
 初診料2000円 施術4000円  →結果 移植周期排卵スムーズ、移植時内膜14mm 

まず すごくソフトなイケメン先生で 癒されました!
ここでは 自宅でのお灸の仕方も習い 家でも頑張りましたよ!

不妊治療の部位だけでなく 頭~肩~足先の全身に施術してくれるので わたしは肩こりまで軽減され しかも顔の肌までツルツルになり いいことだらけ

施術後の体の変化についてもじっくり耳をかたむけてくれ その人に より効果のでる施術を心掛けてくれます

また 勉強熱心で 遠いところで開催されている 不妊治療勉強会にもよく参加して 常にレベルアップをはかっているようで 信頼度が高まりました(※ 以前の移植時のブログに詳細を記載しています)

さらに 休日には鍼灸師という身分を伏せて 他の鍼灸院でも 自ら施術をうけて勉強しているそう
 
お財布にも優しいところが さらに素晴らしい!!
今後 安定期にはいったら もちろん また通うつもりです

疳の虫に ベビー鍼灸が効くとか、男性不妊にも鍼灸が有効である事 等々 

色々なお話をして 私自身も知識が広がりました
鍼灸 奥が深すぎ[ひらめき]

③の鍼灸院は お正月の移植だったので ②の鍼灸院がお休みで スポット的に1回だけ 
料金  8000円 (休日割増含む 初診料など内訳不明)
  
無痛(刺さない)鍼って効き目があるの?と 不安だったのですが 大事な卵さんをおなかに抱えて
はじめての鍼灸院で激痛は嫌だなって思ったのが 予約したポイント

この先生は元薬剤師で、割りと知識をひけらかしたい?タイプで 問診票に流産1回と書いただけで… 

あなたは不育症かもしれないから 検査をした方がいい
と言い出した挙げ句

私の今までの鍼灸院の施術の効果についても 否定的に話してくる始末…

しかも 手がすごく冷たくて 大事な卵さんのいるお腹を 冷たい手でペタペタさわられ 全身に鳥肌が!
(ほかの先生は 他人のデリケートな場所に触るので 手の温度には相当気をつかって くださっていたので それだけで もう帰りたくなりました) 
 
さらに先生自身 風邪をひいていて 施術中に顔の近くでゴホゴホと咳をされ 来たことを本気で後悔しました[がく~(落胆した顔)]

施術はわずか 10分程度で終了
 
最後の着替え時に 床に鍼が落ちていたのを見て ますます不安になりました…
(通常 針を打った数と抜いた数は チェックするはずですし しかもここは刺さない無痛針なのに なぜ針が落ちている?)

施術後 感想をきかれ 「今のところ特に変化はないです・・・」と正直に感想をのべたら 

あきらかに むっとした顔をされ 目もあわさず冷たい対応をされました(笑)

もちろん私は 終始笑顔かつ 低姿勢でふるまっていたのですけど・・・。


というわけで おなじ鍼灸院と言っても 先生の個性がかなりあります!

信頼できて フィーリングのあう よい先生がみつかるまで 色々探すか 知り合いに紹介してもらうのがいいと思います

また 体を触られるので 先生の印象も結構大事だと思います ストレスになるやら やめましょう

あと 何回も通う事になるので 続けやすい無理のない料金である事も大事なポイント!


ちなみに 痛いのが苦手な人が 最初にいくのは やはり東洋医学の鍼灸院が おすすめです

夢クリニック 卒業検診 [不妊治療]

ついに 先日 卒業検診までこぎつけました
8時5分に 受付到着

この日は尿検査のみで 採血はなし! うれしいなあ


受付から1時間後くらいに内診待合へ呼び出しがかかります。

あいかわらずドキドキしながら 内診台にスタンバイします。
ああ、どうかこれが最後の内診になりますように!!
卒業検診は 院長のはずです。

画面に 先週より大きくなった赤ちゃんの姿が映ります

なんと!!

のんきに指をしゃぶってる[目]

と思った瞬間に 手を動かし また再度 指をしゃぶりはじめた!!

動いている様子は 今まで見たことがなかったので 
感動と同時に涙があふれてきました

最後に エコーで卵巣のチェックと

なんと ペンライトのようなピカっと光るものを入れて 子宮の入り口チェック?がありました[パンチ]

これには、内診百戦錬磨の私も初の事態に びっくりです
熱も中に伝わってくるし。。。。

思わず体に力が入ってしまい 看護師さんに 「力ぬいてくださーい」と言われる始末

ちょっと びっくりするので 何かしらのアナウンスを入れたほうがいいのでは?
一体何をされるのかと 心配になりました

そしてここからは 噂どうり 長い待ち時間
11時すぎにようやく①番で呼ばれ

院長「はい、MINKさん サイズ33mm、心拍182bpm 問題なし 今日で紹介になりますな」
   「あなた 何かあったっけ?」

MINK 「子宮筋腫があるといわれてます」
院長「えー (画面で初診時からのエコーを確認する) ああ これね さほど問題ないレベルですな」

印刷した紙を 後方に取りに行く院長・・・・
紙には 移植した胚盤胞の画像が見えた他は 何が書かれていたのかよくみえませんでした。
何やら 下の欄に手書きで院長が記入して 以上[るんるん]

※お会計の時に 紹介状がいただけます

最後なので院長に「お世話になりました」と挨拶して退出しましたが、もう次の患者さんを
呼ぶ態勢にはいっており・・・ 最後まであいかわらず あっさりな院長でした(笑)

会計をすませると ああー ようやく卒業できたんだなと 実感
先輩ブログにある 凍結卵についての説明等は 現在行っていないようです


9月に 初診、初採卵、撃沈。

10月に 2回目採卵、はじめて胚盤胞まで到達

11月は 虫歯でお休み・・・。

12月に 移植周期にはいる

1月に移植、着床確認、心拍確認。

2月末 卒業!!

足かけ半年で 無事に卒業を迎える事ができました。

無事に出産できたら、残りの卵さんのお迎えにも来るつもりです。


5月にネットで「HCG 副作用」と検索してヒットしたのが 夢クリ卒業生のブログでした。
このブログを見なかったら 夢クリの存在も知らなかったと思います。

当初ブログをかくつもりはなかったのですが、私自身の備忘録を兼ねているのと
私の体験が だれかの参考になればいいなという たすきリレーのような気持ちでブログを始めました

このブログを見てくださった方に 一日でも早く 赤ちゃんが来てくれる事を切に願っています









 



 









夢クリニック 卒業前に ②周期目の採卵結果まとめ [不妊治療]

かなり時間が経過していますが 

②周期目の採卵状況及び 培養結果をまとめます

PCO もしくは 軽度PCO 高AMHの方の参考になれば幸いです


☆2014年10月下旬 2回目の採卵

MⅡ 4個
GV 17個

右 12リンス (MⅡ×3含む 刺した数が少な目で 楽に感じました)
 
左 27リンス (MⅡ×1 小卵胞が多く採卵途中で針が曲がった為 針取り替え・・・)

クロミッドのおかげで前回より 卵胞が少なかったのもあり 
過呼吸にはならずスムーズに終わりました

そのせいなのか

終わった後の点滴中 「これで最後の採卵だなあ これで私も立派なママだ!」という
イメージが急に心の中に湧いてきて 
どんだけプラス思考なんだ と 

自分につっこみを入れつつ 痛みが引くのを待っていました。

採卵自体はそんなに痛くないけど やはり採卵後の約30分は生理痛のような
重い鈍痛が続きます

でも 所詮生理痛レベルなので耐えられる範囲です[手(グー)]

しかし、点滴を抜きに来た看護師さんが なにかをしくじったらしく 「イッター!!!!」
と思わず言っちゃうほどの 人生最大級の猛激痛を味わいました。

このように普段の採血などのほうが よっぽど痛いので
夢クリの無麻酔採卵は誰でも 耐えられるものだと私は思っています。


そして培養結果(すべて顕微授精)

MⅡ 4個 → 3個受精 → 3個胚盤胞 (5日目2個、6日目1個)

前回全滅しているので 
成熟卵ってこれほど力が違うのねと 圧倒され[ダッシュ(走り出すさま)]


GV 17個 → 13個受精 → 9個分割開始 → 4個分割順調 →1個桑実胚→ 胚盤胞にならず

 
今回 移植した受精卵は 「100-120-1-19-3」でした

薬の力はもちろん、 鍼灸の力もかなりあったと思っています。
鍼灸というものを教えてくれた 夢クリ先輩ブログに本当に感謝しています[ハートたち(複数ハート)]

タグ:無麻酔採卵

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。