So-net無料ブログ作成
検索選択

五月人形を選ぶ その弐 [ベビーグッズ]

色々なお店で 兜をみるうちに

以下の5種類に分類される事に気がつきました


・古典的な頭に龍の飾りがついているもの

・戦国武将のもの

・国宝模写系

・モダンなデザイン系

・お人形


人形はママから人気で

パパは兜を選びがちらしいです

たしかに うちの横綱君に似た顔の人形を見つけた時は

じーっと見いってしまいました 和みますね…
 



さらに鴻巣の 「マル武人形」さんで聞いた話

外に飾った 鯉のぼりが集めた運気を

家の中に飾る 五月人形の兜についている龍がキャッチするイメージ

だから最近人気がある

武将系の五月人形は龍がついてないから 

本来の意味と 離れている


さらにいえば 

その子の一生を守る意味合いがあるので

頭だけの兜じゃなくて 

体全体を守る鎧が本来の飾り

なるほど…



しかし スペースの問題や予算の問題があるので
そこは 個人のできる範囲で と

当初は 兜と思って探していましたが 

ミニサイズの鎧だったら 

兜だけのものと

あまりお値段に差がない事にも気がつきました 

さらに鎧の飾りかたと 片付け方も見せてもらったら

意外と簡単!

雑な 私でも出来そうな感じ

うーん迷うなあ

こちらのお店では 鎧を買うお客様率が高めだそう


そこで 戦国武将系に目をうつすと…

今年の大河ドラマ

真田幸村モデルがまず目に飛び込んできました 

まだ 僅かしか予約が入っていないけど
鎧好きの方が 来店して 写真をとっていったそう

余談ですが 
大河と言えば

直江兼続モデル「愛」
これは 本当に売れなかった…そうです


デザインが 人気なのは 上杉、伊達

出世の意味では やはり 徳川、源氏

キャラとして 人気なのは 武田、織田

伊達は独眼竜というけど ハンディキャップ 

しかし 今でも 家が続いてる事から
子孫繁栄と 良い意味を見いだす人もいるそうです


個人的には 「加藤清正モデル」は
なんだか KKK団っぽいかなと…


「小木人形」さんでは 国宝模写系を中心に見ました

※もちろん 武将系も充実のラインナップです


実戦向けではなく

神社などに奉納されたものなので

やはり豪華 細工がいちいち凝っています

皮の部分は 本物と同じで

燻した鹿皮を使用するこだわり

また 焼桐材の台座に乗っているので

指紋などが目立たず 手入れも楽だそうです

よくある テカテカのものは 所詮合板だし 

触ると指紋がついてしまうので

手袋をして設置しなくちゃいけないそうです

なるほど…

あとは 兜を載せる小櫃の

飾りが前だけしかついてないのも多いから

よく見てねと言われました

国宝模写の鎧は 中学の歴史の授業の資料集に載っていたりしているので 歴史に興味をもつきっかけになるかもしれないし

ひいては 実物を見に 現地に家族旅行してみようかってなるかもしれない

うむ! なんか楽しみがあるなあ~♪

と 気分が高まりました

 
あとは どれにするかの問題で

二大双璧といわれる

春日大社の「竹に虎雀の大兜」

櫛引八幡宮の「菊一文字の大兜」

どっちにするか?

または「紫裾濃威の大兜」も かっこいいなあと悩む


そもそも 実在していた歴史上の人物の鎧や兜だと

本人が荷が重いわ~とか思わないか?と 勝手に憂慮してもいたので

由緒あるこういったタイプを選ぶ方が いいのかなと



そんな訳で

一気に他をつきはなして 候補が絞られました

お値段も 安くはないけど 

高すぎるというほどでもない いいライン

現金で支払うと ちょっと割引してもらえます
※5%割引



という訳で 岩槻の「小木人形店」の兜に決定!!



以上 割と理屈っぽい ママが五月人形を決めるまで

でした


パパがこだわりない人だからよかったけど

歴史好きだったら 戦国武将系とどっちにするか?で

もめたんだろな…


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0